ピッチレスコート / 特徴と効果

汚れ除去 / 保護膜 / 彩色光沢


コーティングボディのメンテナンスケアを含む究極のWAX
車愛好家を自称するならこれに尽きる
全ての仕上げにメイン使用する定番ワックス
 
 


   ■ 用途


       ボディ全面仕上げ、パーツ仕上げなどの多用途に使うのが基本です。
       タイヤのゴム、レザーシート以外の仕上げにお使い下さい。



       酷い汚れ落とし
       水垢、くすみ、鉄粉、ペンキ、錆びなどの除去仕上げに使えます。

       ホワイトボディの酷い汚れを取り除く場合は 「新品の黄色い丸スポンジ」 を使用します ・・ 特にソリッドホワイト。
       パール系のホワイトボディは 「角スポンジ」 で仕上げる事が出来ます。
       ソリッドの場合は、角スポンジより、丸スポンジが楽に汚れ除去できますよ。

       詳しい仕上げについては、「基本仕上げ / 参考仕上げ / 仕上げの参考例」 を参考にして下さい。



       通常仕上げ
        一度ピッチレスコートで仕上げたボディは、疲れない簡単仕上げができます。

       それ程、汚れが目立たない場合や定期的に仕上げを行う場合は、角スポンジ、又は使い込んだ丸スポンジを使います。
       ゴシゴシのスポンジ塗り、タオルの拭き取りが殆ど必要ありませんから疲れないボディ・ケアとなります。

       詳しくは、「基本仕上げ / 参考仕上げ / 仕上げの参考例」 を参考にして下さい。




   ■ 特性 

       汚れ除去と同時に保護膜形成ができます。
       その辺に売っているカーケア用品とは全く仕上がりが違いますからびっくり仰天して下さい ・・ 愛車ケアが遊びで楽しめます。


       一般的には汚れ除去に研磨剤入りのカーケア用品を使用すると思いますが、ピッチレスコートは研磨剤が入っていません。
       それだけボディに優しい手入れができる事になります。
       研磨剤で削り取る仕上げ方ではなく、汚れを分解する除去方法です ・・ それでキレイに仕上がるとは不思議でしょ。


       どんなに汚れたボディでも原色に甦えらせることがピッチレスコートとスポンジだけの手掛け仕上げで可能です。
       ただし腐食、劣化した塗装は無理ですよ。
       他のカーケア用品を使っても取れなかった汚れが除去できます ・・ ピッチレスコートで取り除けない場合は諦めて下さい。
       ピッチレスコートで取り除けない場合は、それ以上の事を行えば塗装、コーティング膜に影響を及ぼします。
       だからピッチレスコートで取れない場合は、限界だと判断して頂くのがボディへの思いやりになります。


       ピッチレスコートを使った場合は、大切な愛車のボディ(塗装、コーティング膜)にキズが入らない仕上げになります。
       酷い汚れから軽い汚れまで除去すると共に、鮮やか色の光沢に仕上がります。



       鮮やか色の光沢について
       目に見える汚れ、目に見えない程の薄い汚れ、全ての汚れをピッチレスコートが取り除きます。
        と言う事は、ボディ表面に汚れがまったく残らないことになります ・・ これがパーフェクト・ケアです。
       この仕上がりになる事で、鮮やか色の光沢であり、深みの色艶に仕上がる訳です。

       仕上げと同時に光沢が深みに変化しますから愛車ケアが楽しくなりますよ。




   ■ 保護膜効果

       ピッチレスコートで仕上げるとボディに保護膜が形成されます。

       一般的なツルツル感ではなくヌルッとした質感です ・・ タオル拭きの際に手の平に伝わる感触でお判り頂けます。
       この保護膜が汚れ付着防止効果に優れます。

       汚れていたのに雨の後に意外とキレイになっているのを実感して下さい ・・ 保護膜効果です。
       ピッチレスコートをご利用の方は経験があると存じます。



       保護膜維持
       水洗いの際に真水で洗いましょう。

       洗剤、シャンプーは汚れを落としますが、保護膜をも落としてしまいます ・・ 保護膜ダメージです。
       洗剤、シャンプーを使ってキレイになっても直ぐ汚れが付着するのは、ボディ表面が洗剤荒れしているからですよ。
       保護膜ダメージが生じると言う事は、塗装、コーティング膜にも影響を及ぼす事になります。
       キレイなボディでも色艶が無くなっている車を街で見かけた覚えはありませんか? ・・ 塗装荒れの証しです。


       例えば、大切な愛車を車検や整備点検に出して戻って来た時に質感の違いを感じた事はありませんか?
       ツルツルした保護膜だったのに、今までのツルツル感が無くなっていると水洗いの時に思った事はありませんか?
       原因は、洗剤洗いと粗末な業務用ワックスです。
       ピッチレスコートで作った質感は、ヌルッとした独特の質感の保護膜になります ・・ 厚みを感じる保護膜と言う事ですね。




       保護膜を厚みに作る
       汚れ付着防止効果をアップするのに保護膜を厚みに作りましょう。

       簡単なことですよ ・・ スポンジに付けたピッチレスコートを軽く塗り広げるだけの簡単手入れです。
       タオル拭きが不要なくらいに薄く塗り伸ばすだけの仕上げ方ですから全く疲れません。
       これがホームページでよくお伝えしている疲れない仕上げです。

       目に見えないくらいに薄く塗り伸ばせばタオル拭きがほとんど必要ありませんからね。
       ワックスをたっぷり塗って厚みになった層を取り除くのにゴシゴシなんて必要なくなります。
       愛車のお手入れは、疲れない、楽しい、遊べるが大事な要素ですから疲れる手入れなんて誰でも御免ですね。

       軽いウェイト トレーニングがてらに仕上げを楽しんで下さい ・・ 健康に一役ですよ。
   

 



  
 ■ まとめ

        ピッチレスコートは全てにおいて基本使用します。

        生木、レザーシート、タイヤのゴム、食器類以外の素材に使用できます

        汚れ除去と同時に汚れ付着防止効果に優れた保護膜が出来ます

        パーフェクト・ケアができる事で鮮やかな光沢と深みの色艶にボディが仕上がります

        塗装、コーティング膜(コーティング加工をした車のボディ)に優しいメンテナンス・ケアができます

        汚れが原因の染み、劣化、腐食防止効果を発揮します

        一度仕上げたボディは次回から簡単な手入れで仕上げができます ・・ 疲れない仕上げです

        線状の磨きキズを消しても新たに目立つキズが入らないボディ・ケアができます



 
 
仕上げの履歴  /  参考仕上げ  /  仕上げの参考例

色々な参考資料をお伝えしております ・・ 愛車のお手入れにお役立て下さい



 
トップページに戻る
 copyright(C) 2014.合同の仕上げの参考書 All rights reserved.