ピッチレスコート以外の汚れ除去に使用する万能クリーティングコート

油を含む汚れ除去  /  室内簡易清掃  /  虫除去  /  凹凸、複雑形状の細部仕上げ

これが P113 です




   ■ 汚れ分解と浮上効果


       汚れを分解する浸透性に優れ、尚且つ汚れを分解した後に表面膜に浮かせる特性を備えたケアコートです
       浮いた汚れをタオル拭きで簡単に吸い取る仕上げ方がメインです。
       ピッチレスコート以外の汚れ除去に使用するクリーティングコートになります。




   ■ ルームケア

       室内清掃を行う場合に、タオルにP113を少量吹き付けて拭くだけで室内を清潔感ある空間にできます。
       全てのレザー色に使えると共に、細かなスイッチ類などの清掃にも使用できる便利モノです。




   ■ 細部ケア

       ボディ外装・内装共に、凹凸部分、狭い隙間、溝に付着した汚れを取り除くのに便利なメンテナンスコートです。
       指が入らない細部箇所などの汚れ除去には、竹串、歯ブラシ、P113、拭き取りタオルがあればパーフェクトケアができます。




   ■ レザーシートケア

       簡易清掃の場合は、タオルにP113を霧状に吹き付けて拭くだけです。
       酷い汚れを取り除く場合は、スポンジ、拭き取りタオル、P113があればシートクリーティングができます。




   ■ エンジンルーム

       油汚れ、積もり重なった汚れを除去する場合に効果を発揮するのがP113です。
       ブラシ、歯ブラシ、竹串、拭き取りタオル、P113があればできる仕上げになります。



 

■ ルームケア

   タオルにP113を吹き付けて軽く撫ぜる仕上げが清掃ケアです。
   シート、コンソール、ダッシュボード、スイッチ類までお手入れできます。

   勿論ウッドパネルまでキレイにケアできますよ。
   汚れを簡単に除去できます。
   ヘビーなシートケアに関しては 『仕上げの参考例』 をご覧下さい。

     
 

■ 隙間、溝のケア

   スポンジ、タオルで仕上げ難い箇所の溝や隙間などは歯ブラシを使うと
   超が付くくらいに簡単に汚れ除去できます。

   P113を仕上げ箇所に吹き付けてから歯ブラシを使っても構いませんし、
   歯ブラシにP113を吹き付けてから使用する事もできます。
   最後にタオルの端を使って汚れを吸着させるとキレイに仕上がります。

     
 

■ 虫除去

   ピッチレスコートで手入れできてるボディには保護膜が形成できています。
   水洗いで殆どキレイに取り除けますが、頑固な付着の場合は水洗いで
   ゴシゴシ擦って虫を取り除く事はしません。
   余分な擦りキズが入る恐れがあるからです。

   その様な場合は。タオルにP113を吹き付けて虫除去をします。
   軽く拭くだけで一瞬で虫が取り除けます。

     
 

■ エンジンルームケア

   油汚れを取り除くのに役立つのがP113です。
   変色などの影響なくクリーンケアができます。
   P113は素手で仕上げができます ・・ 人肌に影響ない証しです。

   他のエンジンルームパーツに影響無く仕上げる事ができます。
   人肌、パーツ素材に優しいケアコートがP113です。

 


P113を使った愛車のケアを楽しんで下さい

仕上げの履歴 / 参考例

色々な使い方と仕上げ方を参考資料として掲示しております


 
トップページに戻る
 
copyright(C) 2014.合同の仕上げの参考書 All rights reserved.

P113 Cleating - Dry Coat

P113について


痛快仕上げを楽しむ清掃メイン使用のクリーティングコート
細部のお手入れが簡単にできる優れもの